レディース部門優勝

ゴルフ話題が続きます。

今日は久々に朝からお日様が顔を見せ、ぬけるような青空が広がっていたので
手早く火事を片付けて、いざゴルフ場へ。

着いたら友人が駆け寄ってきて「コンペにでないの?」
「あ、そんなこと忘れてたわ。」という私の返事が終わるか終わらないかのうちに
その友人に伴われて事務所に。
で、あれよあれよという間に出場することになりました。

あとで分かったことですが、その友人のボーイフレンドが企画したコンペなのでした。(笑)
ハーフラウンドのみの我々年配向けのコンペという感じです。^^
でも、ちゃんとイタリアゴルフ同盟の認証した正式なコンペだということもあとで知りました。

ショットガンという、すべての参加者が各ホールに位置づき、一斉に開始するというもので、
出場時間まで待たされることもないし、終わりの時間も皆同じでなかなかいい方法だと思います。

私の出発位置は企画者たちと同じ7番ホール。
ここは大きな池越えのティーショットで、ちょっと厄介な所ではありますが、
逆にここを超えてしまえばちょっと一息という所でもあり、ここにあたったのが幸運か、そうでないかはなんともいえません。
ただ、クラブハウスからは一番遠いところに位置するので、早めに向かいました。

晴天はいいのですが、その分気温が低く、ちょっと雲がかかると震えるほどでした。
プレーしていると体は温かいのですが、顔や手足が冷たくて参りました。
それでも、薄いものを4枚羽織っただけの私、若いころには考えられなかったこと。
肉襦袢ほど温かいものはないのですね。(笑)

さてプレーの方は、この7番ホールはXつまり失格で始まりました。
次の8番ホールはパー5のところを8打で最初の1点獲得!(笑)
H9はぱー3の短いホールですが、左右に木の列があり、急な登り坂になっていて結構難しいところ。
他の3人は左側の木にぶつけ、私一人やはり右の木の列の根元に・・・あーあ。
地面は急な登り坂なのに、上に木のは枝が覆いかぶさり抜け出すのは結構難しい。
ほとんど頂上につけたのに、なんとボールは坂を転がり始めました。
でも、ラッキーというか3打目がしっかりホールのそばに落ちたので4打で上がり、3点獲得。
ここで1番ホールに戻ります。
1番ホールの中ほどにいるときに雪が舞い始めました。
日差しは明るいのに粉雪が舞い落ちてNさんと私は大喜び。
小柄で寒がり屋さんのAはくちばしを尖らせていました。(笑)
ドライブは男性のCを抜いて一番遠くにつけたのに、2打目をシャンクしてしまい
その後の4打目もひっかけでフェアウエイバンカーへ。
そこから7番アイアンでうまく抜けだしたもののパットが決まらずH1も失格。
H2はWボギー。ただしここは前半でいちばんやさしいホールに位置づけされていて、
今の私のハンデではここは6打までしか猶予がないのでぎりぎりセーフ1点追加。
H3は4打でボギー。一気に3点稼ぎました。
H4からまた池の周りのホールになります。
3打目を池に放り込んでここも失格。
ピッチで打てば良かったのに、9番アイアンを使ってしまったのが間違いの元。
水回りは控えめのほうがいいですね。
H5は2センチほどパットを外して4打、ボギーに終わりましたが3点獲得。
H6は前半で一番難しいホール。トリプルボギーで1点追加。

以上の結果で決して良いプレーをしたわけではないのですが、
このところの長雨であちこちに水たまりができており、
寒さと北風で皆が思うようなプレーが出来なかったと見え、
なんとレディース部門で優勝出来ました。

ご褒美がこれまたイタリアの食材の詰め合わせ。
サラミやベーコンや、トルテッリーニなどなど。
帰りにスーパーに寄らなくても良くなりました。(笑)

今日もゆっくりスイングを心がけてプレーしました。
2度ほどダフリがありましたが、やはり問題はパットです。
このところ、かなりパットの練習に時間を割いており、
練習用のグリーンでは結構うまくいくのですが、
まだまだもっと数をこなさないといけないみたいです。

ゆっくりバックスイングが決め手!

このところ、ゴルフの出来が悪くて少ししょげていたのですが、
今日はなんとなく少し上達した気がしました。(えへへ・・)

先日、我がゴルフ場の子どもたちの指導者、ジャン・ルカと一緒にラウンドした時に
彼が執拗に「ゆっくりバックスイングしなさい。」と言っていたのでした。
その言葉を頭の隅にいつも置いていたのですが、実際には実現できずにいたようです。

今日はしっかりそれを思い出し、少し大げさなくらいにゆっくりバックスイングしてみたところ、
上手くいくではありませんか!

私の一番苦手なのは第2打、フェアウエイからのウッドでの攻めです。
ドライブがラフに入ったときはすぐに諦めて、アイアンで、先ずラフから出すことを考えるのでいいのですが、
ドライブショットをいいところにつけるとやはり欲が出て3番か5番ウッドで攻めて行きたくなりますよね?^^;
その時にダフったり、シャンクがでたり、逆にひっかけでうんと左に飛んでしまうことがよくあります。

でも、ごくゆっくりバックスイングすることで最初の10~15センチをまっすぐ右に引くことや、
その後の左手の返しなどが目で見えるように正確にできるので、
ダウンスイングに入っても、ちゃんと右手が返って、ボールはまっすぐ飛んで行きました。

もちろん、すべてのスイングがみな上手くいったわけではありません。
グリーン、特に我がゴルフ場は起伏の激しい所で、
両足を地面にまっすぐにつけてプレーできるところは殆ど無い状態ですから
他の要素も入ってくるので完璧には行きませんでしたが、
ゆっくりスイングすることで、自分が何をしているのかがよくわかり、動きがより正確になるようです。

コーチにもこの「ゆっくりスイング」のことは言われていたのですが、
それは練習の時のことと思っていたのです。
そうではなくて、実際のプレーでこそ このゆっくりスイングを心がけるべきだと思い知りました。
私の悪いくせに頭がすぐにボールを追って上がってしまうというのがありますが、
ゆっくりスイングではそれも少しは回避できそうです。

友人たちとのラウンドを終えた後、一人で練習場へ行って試してみましたが、
すべてのクラブで、飛距離も若干伸びていたようですし、
何より、まっすぐに飛んでいくのがうれしくて・・・^^
この感触を忘れないようにしたいと思います。

ゴルフ用 アプリケーション

スマホにしてから息子が気を利かせてゴルフに関するアプリケーションをDLしてくれました。

 Easy screcard
これは自分のラウンドを記録できるアプリケーションで、
スティーベルフォードのカウントもできます。

最初は無料のバージョンのみで楽しんでいましたが、
数日前に400円ほどを支払いバージョンアップをして、今日はじめて試してみました。

ドライブがフェアウエイに入ったか、パターはいくつだったか、バンカーに入ったか・・・
そういうことをすべて記録できるのです。
記録したからといって上達につながるかどうかはわかりません。
例えば家計簿をつけても一向に家計が向上しないのと同じかも?(笑)
でも、何時の日かいい思いでになることはまちがいなし。

そして、これは友人がすすめてくれたのですが、V1Golfというアプリケーション。
こちらは世界的に有名なプロゴルファーたちのスイングをスローモーションで見ることができ、
自分のスイングを撮影してプロのスイングと比較したり、
画像の上に線を引いてダウンスイングがアウトサイド・インなのか、インサイドインなのか
などという分析ができたり、英語ですが、レッスンのビデオも含まれていたりというものです。
こちらも同じく4~500円でフルプログラムをDL
無料版から有料版にしたのは藍ちゃんのスイングが見たかったから。^^

とにかく今日の出来は・・・あーあでした。(笑)