返り討ち

今年は積極的によそのコースに出かけてプレーしています。

自分の実力にほんの少し自信が持てたことと、よそのコースに行くたびにハンデが下がっている事実もその気持を助けています。

日本はどうか知りませんが、イタリアのコースではそのコースごとのハンデがあります。

つまり、難しいコースでは自分の持つハンデプラスいくつかのハンデが追加され、優位な条件でコンペに望むことができます。

例えば我がFiuggi のハンデの規則では実際のハンデが27.4の場合。
コンペでは34のハンデで競技することができます。

同じハンデで、Romaのアルキ・ディ・クラウディオというコースでは28のハンデでの競技ということになり、この数字だけを見るとこちらのほうが厳しい条件になります。

でも、それだけうちのFiuggi のコースが難しいということなのです。

つまり、普段からこのように難しいコースで練習することができる我々は幸運と言えるのかもしれません。

Fiuggihは山間のコースで平坦な場所はほとんどなく、樹木も多いし、大きな湖の回りのホールが4つ、唯一グリーンが遅いのがいいといえば言えるし、慣れていない方にはそれも難しい条件になるかもしれません。

 

さて、先週の土曜に海に近いOASIというコースに日本人のM氏とともに道場破りに行ったのですが、ふたりとも惨敗でした。

HPで見る限り、平地で距離もFiuggiに比べて短めでとても簡単なコースだと思ったのですが、きっとそういう気持ちのゆるみが裏目に出たのでしょう、最近にない大叩きで22点という有様。
M氏もいつもの調子が出ないままに終わりました。

つまり、どんなコースも簡単なんてことはないということを思い知らされました。

ここは平地ですが、たくさんの小さな障害物があり、それらがやはり少なからずプレッシャーをかけていたみたいです。

クラブの設備も素敵とは言いがたいところで、この先、何かの重要なコンペでもない限り自らすすんでプレーしに行きたいとは思えないコースでした。

どちらにしても色んな意味で期待を大きく裏切られて返り討ちにあったような印象でした。(笑)

 

初めての体験

premi07072013

今の時期マイ・クラブのコンペが毎週土・日に行われるし、
プラスAGISのコンペもあるし、時々は友人たちに誘われて他所にも遠征するし・・・
と、こんな具合でゴルフをする密度が高い時期なのです。

今日Fiuggiという町の4つの大きなホテルが主催するコンペで、その第3回め。
優勝者はモロッコへ招待されるということでかなり燃えてる人もいるのです。(笑)

私は11時の出発で、コンペの最後のチームでした。
その我々が9番ホールについて、みながドライブを打ったあと、サイレンが鳴りました。
雷のためにプレーを中止するサイレンです。

昨日からこの辺りには夕立というか、午後に雷雨が通りすぎるので
サイレンはなったものの、しばらくすればまた再開できるだろうと
クラブハウス内でそれぞれが昼食を取ったり、軽くビールを飲んだり、おしゃべりをしながら待っていました。

3時には再開されるというので、それまでに自分たちがいた場所に戻り待機していました。
私は9番ホールで、クラブハウスに比較的近い所で助かりました。^^

再開したての9番ホールでパー。やったぁ、今日二つ目のパーです。
その勢いで10番ホールパー5もボギーで抑えたのにまたもやサイレン。
そこまでで中止となりました。
こういう場合は前半の9ホールの成績で順位が決まります。

1=Wボギー、2=ボギー、3=パー、4=3ボギー、5=3ボギー
6=Wボギー、7=Wボギー、8=Wボギー、9=パーということで、ステーベルフォードで19点獲得
この成績でカテゴリーの3位にはいりました。

今日はカテゴリーが2つにわかれていたのでいつもより難しい計算です。
だから3位でもいつもの3位よりは少し上等なのです。(笑)

 

AGIS

Associazione Golfisti Italiani Seniores
イタリア壮年ゴルフ協会の企画するコンペに時々出場しているのですが
今日はそのコンペがFiuggiで開催されました。

昨年は運営上の行き違いがあって、私は個人的にストライキをして参加しなかったのですが、
今年はしっかり参加しました。
(運営上の疑問は今年もあったのですがちょっとおとなになったかな?(笑))

このところ晴天続きだったのに、昨夜から雨が降り出し、朝まで残っていました。
でも、ネット上の予報で見る限り、降雨率は0.05mlということで安心して出かけました。
もちろん雨よけの上着や、先日賞品としていただいた傘を持って。^^

曇り空の元、少し涼しい程度でプレーが出来たことは
この季節にはありがたいことでした。

我々よりも後のグループは若干雨にあったひともいたようですが、
私は運良く全く雨の気配もしないうちにプレーを終了しました。

ただ・・・今日はあまり出来が良くなくてちょっと気落ちしながらも
ローマや、更に遠いところから参加してくれている方々のためにも
しっかりと最後まで残って、表彰される方々に精一杯の拍手を贈ろうと
タイミングよくやってきたナポリの友人と2時間以上もおしゃべりをして待ちました。

やっと全員のプレーを終えて、表彰式。

なんと今日は第一カテゴリーの方が44点も獲得なさったのです!
彼のハンデでこの特典ということはほぼすべてのホールをパーで回ったという感じです!
すごいですよねー。

この方とは私のコンペ初出場の時にご一緒させていただいたのみで、
その時の私の出来は想像していただくと分かるかと思いますが、散々なものでした。
でも、いつも優しく声をかけてくださる紳士なのです。
で、自分のことのように嬉しかったです。

もちろんこの方の表彰は最後の最後、主役ですから。^^

表彰式が始まって、ご年配の中でも
65歳以上のカテゴリーの方が一番に表彰され、次にレディース。

「プリモレディース。Naito Keiko」の声にびっくり!
だって今日はあまり出来が良くなかったのでまさかと思っていましたから。

一緒に回った友人のフルビアさんがカテゴリーの3位に入賞。
やっぱり一緒に回ったひとが表彰されるのは全く知らない人よりうんと嬉しいものです。

よそからの参加者たちは強豪揃いなのですが、
うちのゴルフ場は平地が殆ど無い特殊な環境なので
慣れていないひとには難しいコースなのです。
入賞できたのは日頃からここでラウンドしているからでしょう。

また2週間後にはローマ近郊の道場破りにいってきま~っす。(笑)

ちなみに、このイタリア壮年ゴルフ協会の最終大会は海外なのです。
そこに出場するには秋に行われる国内戦に勝たないといけないのですが、
とりあえず、その国内戦に参加する権利はすでに3度も獲得済みです。
昨年には考えられなかったことで、ちょっぴり嬉しい今日このごろ。