久々に・・・

優勝しました。メダル

ダブルでの優勝です。昨年に引き続き、ラツィオ州でのシニアの女性カップルとして一番の栄誉に輝きました。

このコンペは男性同士、女性同士のカップルでないと参加できません。

写真左の少し大きめのが今回のです。^^

 

また今日は初めてコンペでパー5でバーディ-が出せました。(嬉)

写真奥のクロム色のボールはニアピン賞の賞品です。

つまり、個人的には今日はニアピンもいただきました。

カップルの相手のFulviaさんはドライビングコンテストをとり、我々二人で3つの賞をいただくという光栄な一日になりました。

Fulviaさんのご主人がもう一人の男性と組んで参加しており、個人的に彼らともかけもしていて、負けたらビールをおごることになっていましたが幸いおごっていただきました。(笑)

昨日ローマ近辺は大雨でコースの状態が心配でしたが快適にプレー出来ました。

ここは水の多いコースで、5月10日にはたくさんボールをなくしましたが今回は水に入ったのは一つだけ。特に調子が良かったわけではありませんが結果は良に終わりました。

11日ぶりのコンペ

結果は散々でした。

これまで毎日のように練習ラウンドをしてコンペに臨んでいたわけですが、3月末からの我がゴルフ場の閉鎖でクラブを手にすることがなくなり(庭でスイングの練習をすればいいものを・・・)いきなりコンペという私にとっては未だかつて経験のない状況で最初の数回は良かったのですが、11日前と今回(21日木曜日)のコンペの成績は散々でした。

でも、4人のうち3人がFiuggiのメンバーで、緊張することなくラウンド出来ました。開催地オアシ・ゴルフクラブの方の配慮と思われます。

4人のうち女性は私だけで、Fiuggiの第1カテゴリーの方と、第2カテゴリーの方、そしてローマのアルキ・ディ・クラウディオというゴルフ場に所属する方の3人の紳士に囲まれて楽しい一日を過ごしました。

お天気は晴れ時々くもりというところでしたが、冷たい風が吹くまるで冬に舞い戻ったかのような一日でした。すでにみんな夏仕様の服装だったもので震えながらのラウンドでした。

おそらく今月末にはうちのゴルフ場も再開するようでまた一から練習に励まなければなりません。

その前に28日には女性のカップルでのコンペがあるのですが、さてどうなりますか。

Mercedes Cup

今日はローマの空港のそばにあるParco de Mediciというゴルフ場で開催されたMercedes Cup (あくまでもローマにあるMercedesがスポンサーであるというだけですよ、念のため(笑)というコンペに参加してきました。

先月の22日以来クラブを触っていなかったので結果は芳しくありませんでした。113も叩いてしまいました。でも、夏のような天候と今回も楽しい仲間に恵まれてのプレーで楽しい一日を過しました。

このゴルフ場は平坦ですが、水が多いので有名です。

大きな池が右左に現れるかと思うとフェアウェイの中程を小川が横切っていたり、グリーン周りがほとんど水に囲まれていたり・・・

全く水の気がないホールは3つしか無いという有り様です。

ラフも10センチぐらいに刈り込まれているものの草が密集しているのでボールが沈んでしまうと見つかりません。

水とラフとでなんと7個もボールを無くしてしまいました。(みんな新品のボールだったんですよぉ、泣)

終わったあとにスポンサーがいろんな参加賞をくれた中にボールが3個入ってはいましたが帳尻はあいませんでした。(笑)

ただ、表彰式の最後にくじ引きがあって、そこに居合わせた60人ほど(参加者は100人を超えていましたが)の中から7個の商品のうち一番素敵な銀製のボッチェのセットが当たりました。(イエーイ)

テニスボールを一回り大きくしたくらいの大きさの銀製 銀色のボールが6個も入ったバッグを渡されてつんのめりそうになりました。(笑)

そんなこんなで久々のプレーはほんとうに楽しかったです。

負け惜しみじゃなく表彰されなくてもゴルフが出来るだけで嬉しいです。^^

ゴルフ場の話

うちのゴルフ場はFiuggi市というところがオーナーです。

それを誰かが代理で管理する方法で今までやって来ました。

その誰かが企業であったり、ゴルフ仲間の共同管理であったり過去にもいろいろな形態で運営してきたそうです。

2年ほど前にローマのあるゴルフ場が突然姿を消しました。

シーズン半ばに突如閉鎖になり、グリーンやフェアウェイの芝を剥ぎとって売ってしまったとか。ひどい話です。そこに所属していたゴルファーたちは半年分ほどの年会費も戻らずに他のゴルフ場へと移っていきました。

新しいプロジェクトにはヨーロッパ共同体から多額の援助金が出るのでそれを目当てにして、手元に入るとさっさと姿を消す輩がいるという情けない話です。

 

でも、うちの場合は持ち主が市なのでそういう心配はいりません。ただ代理運営していた会社が倒産し、手続き上待ち時間ができているので3月29日のコンペを最後に閉鎖になっています。予想では週明けにでも再開の見通しなのですが・・・

そこで4月はあちこちへ放浪のたびにでました。(笑)

まずは4月9日、シニアのコンペ。Olgiataという名門コースへ今年からシニアに入ったアニータと一緒に行ってきました。成績は32点でニュートラル総合で8位でした。

アニータは初めてのコンペだというのに落ち着いたもので確か31点獲得してハンデキャップがフルの36なものだからご褒美点数が加算され(その辺りの仕組みはよくわかりませんが)なんとハンデがその日で34.5に下がったそうです。

私が初めてよそのコンペに参加した時など上がりっぱなしで大叩きばかりでした。彼女は度胸があるのとこれまでにも家族でよくよそのコースで遊んでいたことなどが助けになったのでしょうか。とにかく慰める必要がなくてホッとしました。(笑)

丁度1週間後、Easy golfというところが主催するコンペにまたしてもアニータとともに参加。この日は31点で0.1ハンデがあがってしまい24.9になりました。

アニータは確か32点で追いぬかれてしまいました。友人として嬉しい事です。おそらくまた少しハンデが下がったことでしょう。

そして、21日と22日の両日、Mare di RomaというコースでイタリアvsポーランドのRyder Cupがあり、なんとポーランド側の一員として参加してきました。(笑)

これはマッチプレーなのでストロークプレー。
初日はカップルで4ボール。つまりドライブは両方が打って、良い条件のボールを選んだらその後は交互にプレーする形式です。自分が失敗するとそのボールをカップルの仲間が処理しなければならないので緊張します。

ベルギー人(イタリア在住)のアニーさんと組んで5up(つまり4ホールを残して)でイタリア人男性二人のカップル相手に勝ちました。

翌日はやはりマッチプレーですが1対1。昨日と同じメンバーがそれぞれ個人的に戦いました。アニーさんはマルコと、私はヴィンチェンツォと。でもこの日は調子が出ずに4Upぐらいまで離されましたが徐々に感を取り戻し最終的には2upで勝ちました。

昨年はイタリア側で参加して11ホールで決着がついてしまったのでしたが・・・今回は苦戦しました。

両日ともとってもいいお天気で、このコースにはかつてProAmで来たことがありましたがコーチに急がされて走ってばかりいたのであまりいい印象はなかったのですが、今回はゆっくりと景色も見て、すごく親しみやすい方々とご一緒できたので楽しくプレー出来ました。

表彰式の後には夕食会があってすでに会費も払い込んでいましたが3時間余の待ち時間があるというので先に帰りました。海辺のコースなので料理も海のものが主体でなかなか評判のいいコース内のレストランだったのでとっても残念でしたが3時間というのは私にとってはあまりにもったいない時間です。

以上4月の成績でした。

-ゴルフ=+ガーデニング(笑)

ゴルフに行かないのでガーデニングに精を出しています。体力的にはこのほうがきついのに家にいるものだから食べてばかりで5~6キロも太ってしまいました。

早く再開してほしいなぁ。