Aldoさんと

1週間のご無沙汰でした。(笑)

今日は、Aldoさんというシングルプレーヤーが一緒にラウンドしようと誘ってくれたのでいつもコンペの開始時間は上手な方から出発するので私の場合10時半以降なのですが、なんと9時06分の出発でPaoloより先に家をでました。

なんとゴルフ場に着いてみるとと肌寒くてウールのベストを着たくらいです。ちょっとパットをしたらすぐに暑くなって脱ぎましたが。(笑)

さてこのAldoさん、5年前に私がハンデを取る実地試験の日に立ち会ってくれた方なのです。

初めてのコンペで立っていられないくらい上がっていたのを今でもよく覚えています。心臓が自分の体の外30センチぐらいのところにあったような・・・(笑)

その日のAldoさんはちょっと怖かったです。ほとんど無言でスパッスパッとパーを決めていかれるのですから。^^;

体格も立派で最近カジュアルなプレーヤーが増えている中、トラディショナルなおしゃれないで立ちで他を圧倒する雰囲気をお持ちです。

あの日の他のメンバーはマルコ氏とフルヴィアさん、このお二方とはすでに何度かコンペでご一緒させた頂いたのにAldoさんとは今までチャンスがありませんでした。多少なりとも成長したところを見ていただきたくて一緒にラウンドしようと言いながら今日になったということです。

今日はまるで私のナイトのように移動中も話題を選んで気をほぐしてくださったり、ミスをした時にはもちろん慰めてくださったりあの怖い印象はどこへやら。(笑)

ただ、私の今日の出来はあまりよくなくてステーブルフォードで32点。ハンデの上下のないニュートラルゾーンでした。カテゴリーの3位に同点で入ったのですがこの日の表彰は2位まで。(笑)

どうもこのところパットがいけません。なんと39打もパットに費やしてしまったのです。3パットが4回も!最近何とかボギーオンできるようになってきたので総打数は104でしたが3パットがなければ100に収まっていたのに・・・

ひところみんなにもパットが良くなったと褒めてもらっていたのにパットのフェースに傷を見つけてから古いパットを引っ張りだしたりして気の迷いが生じたからでしょうか?

Aldoさんにはパットの時にはグローブを外したほうがいいのでは?とアドバイスされました。私にはあまり関係ないように思えるのですが・・・

パットはあくまでも個人個人のスタイルがあるので教えるのも難しいようです。
黙々と練習するしかありませんね。

Doppio di Ferragosto

毎年恒例のDoppio di Ferragosto(ドッピオディフェラゴスト)という2日連続のカップルによるコンペが14日(金)と15日(土)に開催されました。

今年はスポンサーも一新して参加者もここ数年より多かった気がします。

私は当初参加を見合わせておりました。

というのも今年はFerragostoという祝日(日本では「マリア様の被昇天祭」として知られているのですが)が土曜になり日曜のコンペを含めると3日続きのコンペとなりいささか体力に自信がなかったからです。

でも、大先輩で先日コンビを組んでシニア賞を獲得した相手のペッペさんが私に無断ですでに登録していたのです。(笑)

その後私のところにやってきて『無断で登録しちゃったけど、いいかな?』とおっしゃるのでもちろん喜んでお受けしたのでした。

天気予報では日曜は最悪の雷雨の予報も出ていたのであまり乗り気ではなかったし・・・

でも、日曜のコンペは我がクラブのかつての凄腕プレーヤの追悼コンペで毎年やはり凄腕(今のHcp3.2)という息子さんが開催なさるのです。だからお付き合いに出たかったし、最悪 プレーの出来はともかく出ようかなぁとも思っていたのですが、天気予報のことを彼に告げて延期するように説得しました。

おそらく説得したのは私だけではなかったのでしょう。

たまたま2日めに彼の組と一緒にラウンドすることになって延期したと聞いてホッとしました。

さて、この2日間に渡るコンペのフォームは初日は4ボール、つまりカップルのそれぞれが自分のボールをプレーして成績の良い方をスコアに記入するというもの。

この日ペッペさんは肉離れか何かで足をいためていたのにカートが全て出払っていたので歩きでのプレーが応えたのかいつもの覇気がありませんでした。

先週、入賞した時も『君の働きのおかげだ』と仕切りにおっしゃっていましたがこの日はさらにその感が強く、(なんといっても私には強力な武器=ハンデキャップがありますからね。(笑))スコアの半分以上が私の成績で埋まりました。

で、翌日の出発時刻は初日の成績の悪かった組からということで最初の組はなんと8時18分出発でしたが、幸い我々は11時18分ということで朝もゆっくりと支度が出来ました。

我々のあとには更に4組のスタートがあったので我々の初日の成績が9~12位辺りだったと予測できます。^^;

 

二日目のフォームはグリーンサム、ドライブだけはそれぞれが打ってどちらのボールを取るか決めたらあとは交代で打っていきます。

もちろん距離的にはペッペさんのほうがはるかに遠くへ飛ばしますが絶不調とあってたまにOBや天ぷらがでていて私のドライブも何度か役に立ちました。

第2ホールではペッペさんのドライブはフェイアウエイでロングヒットだったにも関わらず私のボールを使ってもらうことにしました。このホールの2打目、よく右へのOBを出してしまうのでトラウマになっているのです。(前日も2回続けてOBでしたから)

こういう助け合いができるのがカップルのいいところですが、一度選択したらあとは交代と決まっているので相手に変なところからプレーさせないようにと気を使います。

その辺りがお互いちょっと控えめなプレーになってしまうようで短いアプローチがグリーンに届かなかったりしてしまうことがありました。パットもしかりです。

相手の組は先に言った凄腕Hcp3.2のピエルルイジさんとさらに凄腕の若干18歳でHcp2.6のバレリオ君。ただこのバレリオ君がペッペさん以上の落ち込み振りでピエルルイジさんも元気付ける言葉に困っていました。

6ホールまですべてボギーでほぼ順調に来たものの、なんと7ホールで右側の並木をかすった私のボールが途中で90度曲がって左の池に飛んで行くという未だかつて見たこともない現象が起きて皆が唖然としていました。普通は樹の根元に落ちて転がるか最悪木の後ろ側に止まるものなのですが・・・

この辺りからケチが付いたと言いましょうか、次の8ホールで3打目を打ったところ私の真ん前に停車していた我々のカートにボールがぶつかって私の真後ろに飛んでいきました。つまり私の打ったボールは進行方向ではなく90度右に飛んでしまったのです。カートに乗っていたペッペさんに当たらなかったのが不幸中の幸いでした。そのカートの横にもピエルルイジさんが立っていたので彼も危ないところでした。

パー5で、3打目がそんなだからトリプルボギー、プラス自分たちのカートに当てたペナりティー1打でなんと8打という大叩き。そのショックのせいかパー3の9ホールも6打この後いくつトリプルボギーがでたことか。

いつもパットが上手なペッペさんのパットが決まりません。まるで私にカップインさせるためにわざとはずしているような感じでほとんどのホールで私が30センチぐらいのパットで終えるというパターンでした。

私もこの日短いプレーが上手く行かずパットもちょっと長くなると入りませんでした。

なんだか目に見えないものに取り憑かれてしまったようでどうしようもなく二人で大笑い。

一緒に笑ってくれる相手で本当に良かったと思っています。

ということで25位(41組中)という成績でしたが、これに懲りず次回も一緒に組んでやってみようということを誓い合って別れました。(笑)

おめでとう

おめでとう、アレッサンドラ!

書こう書こうと思いながら今になってしまいました。

我がゴルフクラブの若手、アレッサンドラ(Alessandra Fanali)嬢がイタリア国内の若手選手権で優勝しました!

Alessandra

向かって左の大きなトロフィーを両手に持っている子です。若干16歳、正確には競技当時はまだ15歳でした。

いつも我がクラブのコンペでもドラコンやニアピン賞も含めて賞を独占してしまう腕の持ち主ですが、礼儀正しく、可愛らしいお嬢さんです。

父親もかなりの腕前でその血を継いだものと思われます。

小さな妹もすでに頭角を現してきています。

もしかして近い将来また我がクラブからプロが出現するかもです。

できればツアーで通用するような立派なゴルファーになってもらいたいものです。

その暁にはサインをちょうだいねと今からお願いしています。(笑)

 

新しい傘

とんでもない始まりの一日(詳細はblogイタリアからボンジョルノを御覧ください)でしたが初めてコンビを組んだ方との相性もよく、ルイジアナという形式のカップルでのコンペでシニア賞を受賞して素敵な傘をいただきました。

今まで使っていたのも2年前にレディース賞か何かで頂いたものなのですが、白い傘なのですこし汚れが目立ってきていたところでした。

とてもタイムリーな賞品に満足です。

最後のチームが来るまでは我々がTopだったのですが、ダービーにしてやられたというところです。^^

でも、とっても楽しい仲良しコンビが勝ったので友人として嬉しく思っています。

古い傘

新しい傘

上が古い傘、下が今日受賞した傘。

うえのはユニセックス、今回のは女性らしいわよね。
しかも2階建ての傘です。(笑)
きれいに折りたたむのがちょっと大変だけど風の抵抗を軽減してくれるのがいいところ。

ここ数日午後に決まって雷雨があります。
ということでとってもタイムリーな賞品にありつきました。^^

やっぱりぃ

2日の日曜にもコンペに参加しましたが、スポンサーが銀行だったのでやっぱりふるいませんでした。(笑)

仲の良い人たちとまわれたというのにさっぱり士気が上がりませんでした。

きっと二度寝をしたからだと思います。

やっぱり朝シャキッと起きて少し早めにゴルフ場に着くぐらいでないとね。

出発が11:46と遅かったこともあってPaoloを送り出したあと8時から約2時間ねてしまったのです。

なんだか眠気が取れずに締りのないプレーでした。

これといった大きなミスはないもののほとんどW、トリプルボギーで25点という有り様。

H6ではOB。ここハンデ1なのでプレッシャーかかります。(笑)

唯一のパーは一番長いホール15番、当然パー5。ここ好きなんですよね。
たまにしかいい成績出せなくても。^^

次回はこんなヘマをしないように気を引き締めて!