規則改定2016

ゴルフの規則は今や全世界共通となっていてオリンピックと同じように4年毎に時事に応じて改定されています。

今年はその改定の年に当たり、私のゴルフ歴も6年目を迎えすでに3回めの改定に遭遇することとなりました。

2008-2011

これが最初に出会った規則書。筆記試験に向けていろいろと下線を引いたり付箋をつけたり注釈を加えたりとしたので2冊目をもらったのでした。(笑)

2012-2015

すごいサンドショットでしょう?

この規則書が一番長く付き合っただけあって雨に降られたりでかなりコンデションは悪くなっていますが愛着があります。

そして一番新しい・・・

2016~

こちらが2016年からの規則書。

でも、まだ暫定的なもののようで2016年からとは書いてありますが、以前のもののように2016年から2019年とは書いてありません。どういう意味があるのかわかりませんがとりあえず今回の表紙、なんと女性プレイヤーになっているところが嬉しいではありませんか❢

ゴルフはいまだにとってもマスキリストなスポーツで、日本には女性用のティーが無かったりイタリアにはコースの途中にトイレが無かったり(笑)とにかく女性もプレーするということを頭に入れての設計がなされてない感があります。

そんな中で、規則書の表紙に女性プレーヤーの姿を載せたというのはすごい進歩だと思います。

また、ゴルフの規則にはヨーロッパスタイルとアメリカスタイルとの間にも若干の相違点があってそれらを統合しているようなのですが、今回初めて表紙に両方の名前がのっています。

R&Aと言うのはロイヤル・アンド・エンシェント・ゴルフ・クラブ・オブ・セント・アンドリュースという英国 (スコットランド) にあるゴルフ競技規則制定等において最も歴史もあり権威のある機関。

USGAというのは全米ゴルフ協会のことでアメリカの国内ゴルフを統括する団体なのです。

歴史的にはスコットランドのほうが旧いのですが、ポピュラーという面ではアメリカのほうに軍配が上がるかと思います。

とにかく今や世界共通の規格で勧めているのでかつてビデオでも世界をまっぷたつに分けたような規格がありましたが(今もあるのでしょうが)ライダーカップで世界中が盛り上がるようにすべてのゴルフ界も共通の規則や概念に基づいて運営されなければならないと思います。

そういう意味でで初めて規則書の表紙にR&AとUSGAの名が並んだというのは少なからぬ進歩の現れだと思うのです。しかも女性プレーヤーのシルエットとともに。^^

蛇足ですが、今日3月20日復活祭
地元Fiuggiで今年最初のコンペに参加したのですが、ステーベルフォード29点で入賞できず。

今までならステーベルフォード29点という成績はハンデが0.2上がったのですが、今年からハンデは(イタリアだけかもしれませんが)下がっても上がることはないそうで、今までどおりの24.5を維持できるようです。(汗)

ま た、今日は女性3名で参加したのですが、途中で余り成績の芳しくない一人がコンペを放棄したいといったのですが、私ともう一人が説得してなんとか継続させ たところ、その後彼女は3つもパーをとり、表彰式の最後のくじ引きでもボールがあたって大満足。これからは成績が思わしくなくても途中で棄権することはな いと誓ってくれたことが一番嬉しかったです。❤

Sabellicoコーチのレッスンその3

1月20日に初めてSabellicoコーチのレッスンを受けて1000球の練習を積んでから出直すように言われていたのですが、なかなか1000級に達しないままに2月24日、2回めのレッスンを受けました。

でも、自分でも納得しないままにでかけたので案の定前回と同じことを注意されて、まったく同じレッスンを受けて帰ってきたのでした。

その2回目の宿題はループスイングでした。

3 年ほど前に今のイタリアゴルフ界で一番人気と実力のあるFrancesco Molinari のコーチからレッスンを受ける機会があってその時に同じようにループスイングを薦められたのですが、その頃の私のコーチとともにその必 要性を感じないまま時が過ぎていたのでした。

Molinari コーチとSabellicoコーチは同じくらいの年配でしょうか?

スイングにも流行り廃りがあると思います。だから同じスイング理論を持つ方々はやっぱり同じ頃にスイングを学んだ方ではないかと思うのです。

(追記:ループスイングが最近のトレンドだと後で知りました。)

とにかく3年前といえばまだ私もあまりゴルフに馴染んでいなかった時でもあり、(その分素直だったかも?笑)スイングの基本的な改造にとまどったのでしたが、今は下手なりにもいろんなタイプのスイングを真似ることができるようになりました。(笑)

で、そのループスイングがうまくいくととても綺麗なドローボールが打てるのです。もちろん10回に1回位の割合ですが。(汗)
ただこれも普段友人たちとラウンドするときにはほとんど忘れている状況です。

友人たちとのラウンドではマッチプレーがほとんどなのでやはり勝つために確実なスイングをして冒険をしない、つまりまだ自分のものになっていないスイングは本能的に避けてしまうのですよね。

だから上達をしないまま、でも余り時間があいてしまうとモチベーションも下がってしまうので今日友人のSilvioさんとともにまたレッスンに行ってきました。

今回もレッスンを始めた時には今までと同じ注意を受けました。

  • バックスイングで右にスエーしてしまう。
  • 腕主導のスイングになっている
  • バックスイングで頭が前に突っ込んでしまう
  • ダウンスイングがアウトインになっている
  • 左手をこねるせいかフェースが軌道から大きくずれている

などなど数えればきりがないほどの厄介なありさま。

ほ とほと自分が嫌になりそうなのをぐっとこらえて(コーチのおかげで)コーチの言葉に従って(いるつもり) レッスンを積んで、その間コーチは3度ヴィデオ を撮ってくれてホンの少しずつでも改善できたところを見せて励ましてくれるのでなんとか無事に45分を乗り切りました。

でも、一つ会得したというか開眼したことがあります。

それは前後への体重移動

うーん、こういうと誤解を生むでしょうね。

大きく前後にはもちろん体重移動してはいけないのですが、そうではなくてアドレスでは体重は両足の拇指球から土踏まずにかけて加重、それがトップスイングに至るまでの過程で右足拇指球→右足かかと方向に加重されるということ❢

つまりこれで体幹から外にはみ出ることなく体重移動ができるようです。

私は両足の拇指球から土踏まずにかけて体重をのせるようにしていましたがそのままでスイングするとよくフォローで前のめりになっていたのです。

そこでよく友人たちからもっとどっしりと座るように構えなさいと注意されていました。

ところがコーチいわく、最初にかかと重心にすると余計ダウンスイング中に前のめりになってしまうと聞いてなるほどと思ったのでした。

そうそう、2回めのレッスンでバックスイングをもっとコンパクトにという指摘も受けたので、それにはちょっと反発してしまったのでした。

なぜなら皆がゆっくりスイングを勧めるのでそうするとどうしてもどんどんバックが深くなってしまうのです。そうしないとタイミングが合わなくてスライス球が出てしまう事になり・・・

でも、コーチの言葉にバックを浅くするにはどうしたら良いかと考えてそれにはテンポを短くするしかないというところにたどり着きました。

今までにもいろいろと検索して勉強していたように、人にはそれぞれのテンポがある。例えば早く歩く人、ゆっくりの人。早口の人とそうでないホトなど・・・

そこで2,3日スマホにDLしたメトロノームを使って自分の歩調と同じくらいの(私の場合75ビートぐらいがいいようで)テンポでスイングすることだけを考えてプレーしたところ結構良い結果が出たのでした。

それで気を良くして翌日も同じことをするとてきめんにくじけさせられるのもゴルフですが・・・(笑)

とにかくコーチが言ったようにバックスイングとダウンスイングとのテンポを同じにすることを心がけるようにしています。これまではバックに3拍ダウンに1拍、みたいなスイングでしたから。(汗)

これはパットでもいい結果をもたらしてくれています。

今日はドライブも少し打たせていただきました。

ドライブは・・・うまくいくのです。^^
ティーアップしているからですね。

「こんなにまっすぐドライブが打てるなら日曜のプロ・アマに来てほしいなぁ。」とコーチに言っていただけたほど。^^

私のあとにSilvioさんが2度目のレッスンを受けました。

彼のゴルフ歴はもう20年近いでしょうか、ハンデも16とそこそこの腕前で多少の自信を持っていらしただけにこれまでのスイング、アドレスなどを根本から覆されてしょげていました。

その彼からコーチが「Keikoは少し進歩した。」と言っていたと聞いてとっても嬉しくなりました。これからも亀の歩みでしょうが誰が見ても綺麗なスイング気持ちの良いスイング作りに励みたいと思います。

結果はきっとあとから・・・うーんと後からついてくるのでしょう。(笑)