Sabellicoコーチのレッスンその3

1月20日に初めてSabellicoコーチのレッスンを受けて1000球の練習を積んでから出直すように言われていたのですが、なかなか1000級に達しないままに2月24日、2回めのレッスンを受けました。

でも、自分でも納得しないままにでかけたので案の定前回と同じことを注意されて、まったく同じレッスンを受けて帰ってきたのでした。

その2回目の宿題はループスイングでした。

3 年ほど前に今のイタリアゴルフ界で一番人気と実力のあるFrancesco Molinari のコーチからレッスンを受ける機会があってその時に同じようにループスイングを薦められたのですが、その頃の私のコーチとともにその必 要性を感じないまま時が過ぎていたのでした。

Molinari コーチとSabellicoコーチは同じくらいの年配でしょうか?

スイングにも流行り廃りがあると思います。だから同じスイング理論を持つ方々はやっぱり同じ頃にスイングを学んだ方ではないかと思うのです。

(追記:ループスイングが最近のトレンドだと後で知りました。)

とにかく3年前といえばまだ私もあまりゴルフに馴染んでいなかった時でもあり、(その分素直だったかも?笑)スイングの基本的な改造にとまどったのでしたが、今は下手なりにもいろんなタイプのスイングを真似ることができるようになりました。(笑)

で、そのループスイングがうまくいくととても綺麗なドローボールが打てるのです。もちろん10回に1回位の割合ですが。(汗)
ただこれも普段友人たちとラウンドするときにはほとんど忘れている状況です。

友人たちとのラウンドではマッチプレーがほとんどなのでやはり勝つために確実なスイングをして冒険をしない、つまりまだ自分のものになっていないスイングは本能的に避けてしまうのですよね。

だから上達をしないまま、でも余り時間があいてしまうとモチベーションも下がってしまうので今日友人のSilvioさんとともにまたレッスンに行ってきました。

今回もレッスンを始めた時には今までと同じ注意を受けました。

  • バックスイングで右にスエーしてしまう。
  • 腕主導のスイングになっている
  • バックスイングで頭が前に突っ込んでしまう
  • ダウンスイングがアウトインになっている
  • 左手をこねるせいかフェースが軌道から大きくずれている

などなど数えればきりがないほどの厄介なありさま。

ほ とほと自分が嫌になりそうなのをぐっとこらえて(コーチのおかげで)コーチの言葉に従って(いるつもり) レッスンを積んで、その間コーチは3度ヴィデオ を撮ってくれてホンの少しずつでも改善できたところを見せて励ましてくれるのでなんとか無事に45分を乗り切りました。

でも、一つ会得したというか開眼したことがあります。

それは前後への体重移動

うーん、こういうと誤解を生むでしょうね。

大きく前後にはもちろん体重移動してはいけないのですが、そうではなくてアドレスでは体重は両足の拇指球から土踏まずにかけて加重、それがトップスイングに至るまでの過程で右足拇指球→右足かかと方向に加重されるということ❢

つまりこれで体幹から外にはみ出ることなく体重移動ができるようです。

私は両足の拇指球から土踏まずにかけて体重をのせるようにしていましたがそのままでスイングするとよくフォローで前のめりになっていたのです。

そこでよく友人たちからもっとどっしりと座るように構えなさいと注意されていました。

ところがコーチいわく、最初にかかと重心にすると余計ダウンスイング中に前のめりになってしまうと聞いてなるほどと思ったのでした。

そうそう、2回めのレッスンでバックスイングをもっとコンパクトにという指摘も受けたので、それにはちょっと反発してしまったのでした。

なぜなら皆がゆっくりスイングを勧めるのでそうするとどうしてもどんどんバックが深くなってしまうのです。そうしないとタイミングが合わなくてスライス球が出てしまう事になり・・・

でも、コーチの言葉にバックを浅くするにはどうしたら良いかと考えてそれにはテンポを短くするしかないというところにたどり着きました。

今までにもいろいろと検索して勉強していたように、人にはそれぞれのテンポがある。例えば早く歩く人、ゆっくりの人。早口の人とそうでないホトなど・・・

そこで2,3日スマホにDLしたメトロノームを使って自分の歩調と同じくらいの(私の場合75ビートぐらいがいいようで)テンポでスイングすることだけを考えてプレーしたところ結構良い結果が出たのでした。

それで気を良くして翌日も同じことをするとてきめんにくじけさせられるのもゴルフですが・・・(笑)

とにかくコーチが言ったようにバックスイングとダウンスイングとのテンポを同じにすることを心がけるようにしています。これまではバックに3拍ダウンに1拍、みたいなスイングでしたから。(汗)

これはパットでもいい結果をもたらしてくれています。

今日はドライブも少し打たせていただきました。

ドライブは・・・うまくいくのです。^^
ティーアップしているからですね。

「こんなにまっすぐドライブが打てるなら日曜のプロ・アマに来てほしいなぁ。」とコーチに言っていただけたほど。^^

私のあとにSilvioさんが2度目のレッスンを受けました。

彼のゴルフ歴はもう20年近いでしょうか、ハンデも16とそこそこの腕前で多少の自信を持っていらしただけにこれまでのスイング、アドレスなどを根本から覆されてしょげていました。

その彼からコーチが「Keikoは少し進歩した。」と言っていたと聞いてとっても嬉しくなりました。これからも亀の歩みでしょうが誰が見ても綺麗なスイング気持ちの良いスイング作りに励みたいと思います。

結果はきっとあとから・・・うーんと後からついてくるのでしょう。(笑)

実りある一日

今日はローマのArchi di Claudioという9ホールのみの小さなゴルフ場へ行ってきました。

今年からここでイタリアのゴルフ番組を担当しておられるPiero Sabellico というプロコーチがレッスンをしてくださるというので行ってきました。

実は彼はFiuggiの出身で今もFiuggiにお住まいなのです。

我がゴルフ場にも二人の素晴らしいコーチがおられるのですが、Piero Sabellico氏はやはりコーチの中でもベテランだし、若手の指導にずい分前から取り組んでおられてイタリアゴルフ協会の指導者でもおられるし、何より彼の説明の仕方=イタリア語がわかりやすいのです。(笑)

コーチというのは難しい仕事だと思います。

テクニックの面からはどなたもプロの試験に合格しておられるのだから一定のレベルをお持ちなのですが、自分の知っていることを人に伝えるということになるとまた別のタレントが必要になってくるのではないでしょうか?

野球でも名プレーヤーがみんな名監督やコーチになれないのと同じだと思います。

Piero Sabellico氏とは1年半前にBMWのイベントで初めてご一緒させていただいたのですが、その明確でわかりやすい指導によって私のアプローチが格段にレベルアップしたのでした。

でも、今まではかなり遠くのゴルフ場で教えておられたのでその後指導を受けることはなかったのですが、今年からローマの南側にあるArchi di Claudioでも週に一度教えることになったと聞いてすぐに申し込みました。

なんと1年半前にはサインをおねだりしたのですからちょっぴり恥ずかしいですね。^^;

今朝、我が家ではマイナス6度を記録してこの冬一番の冷え込みになりましたが、ローマはまったく別世界のようで、日がさすと暖かくてベストも脱いだくらいです。

予定の時間よりかなり長く指導していただいて、やはり私のスイングの基本の基本が間違っていたことが判明しました。(汗)

私はバックスイングで右にスエーしていて、インパクトやフォローで左に押し出すというか体重をしっかり左に移すことができていなかったのです。

体重移動ができていないことはわかってはいましたがそれをどのように改善していいのかわかりませんでした。

また、アドレス時にかなりハンドファーストになっていてこれもグリップを中ほどにするように指導されました。

最初にまずビデオを撮っていただき、それをコンピューターで分析して目の前で見せられると「なるほどぉ」と納得です。(笑)

で、自分の間違いをしっかりと認識して更に練習場で何球も打って見ましたが最高点は10のうちの6.5。あはは・・・

次回までに少なくとも1000級は打って今回の課題をクリアしてからまたということになりました。

レッスンのあとはそのゴルフ場で9ホールラウンドしましたが、1ホールで先の方が済むのを待っているといまティーショットを打ったばかりのお二人が「どうぞ。」と声をかけてくださって一緒に回りました。

幸運でした。でないと経路もよく知らないゴルフ場ですし、二人のうちお一人はかなりの腕前で、今しがたコーチに教わったことをまた念を押してくださったという感じで勉強になりました。

もうひとかたはまだゴルフ歴は浅いのですが、何やらコンペを主催なさってるとかでローマで一番有名なゴルフ場に誘っていただきました。

その後、ここのゴルフ場で17日の日曜日にお披露目があったばかりのピッチ&パットのコースに行ってみたらここでもベテランが声をかけてくださったので一緒に回ることができました。

都会のゴルファーはマナーもよくて実に楽しい1日を過ごすことができました。(満足)

突然の絶不調

久しくパットに悩んできました。

そのパットが若干改善されたかと思ったら私の一番の武器だったドライバーショットが・・・

それも突然なんです。

1週間ほど前に左への引掛けが始まりました。

距離も出ず、うまくいっても地をはうような低い弾道で、時には右へのシャンク。

どうしていいのかわかりません。

今までどおりにスイングしているつもりなんですが・・・

昨日は数年前にとっても良い成績を残したNapoliのゴルフ場へシニアのコンペで行ってきましたが散々でした。

別に得点はどうでも良いのですが、自分のスイングがなっていなかったことへの後悔と不安が募ります。

今までの私の弱点は2打目とグリーン周りでのアプローチでのシャンクだったのですが、その辺りは改善されたものの、やはりティーショットがあまりにも飛ばないとあとがしんどいなぁと痛感しました。

昨日。それなりにヒットできたのはユーティリティーのみ。
パー5をユーティリティーのみ4回うってグリーンに乗せました。(笑)

一つだけ楽しかったのは、男性用のティーから打たされたので時々は打つ順番がほかの男性より先に回ってきたことです。

いつもは女性はいくらいい成績でも距離的に遠い男性陣が皆先に打ちますからね。(笑)

とにかく今日早速コーチについてレッスンしてきましたが、例によってコーチと一緒の時には今までよりもドライブが飛んでレッスン後に友人たちと一緒にラウンドしたらまた元の木阿弥。(はぁぁ)

早くこの恐怖感から逃れたいです。

楽しい一日

2014-10-01 09.56.02 2014-10-01 11.04.00 2014-10-01 11.32.53 2014-10-01 12.42.332年ぶりにBMWがまたDrive &Golfというイベントに誘ってくれたので行ってきました。

半日、BMWの新車を運転し、あとの半日は有名なコーチ陣によるゴルフクリニック。

今回も前回と同じく、どちらかというと運転のほうが楽しかったです。^^

オートマチックで、馬力が160とか300とか??

その性能を発揮できる道路事情ではありませんでしたが急なカーブの上り坂や、交差点で曲がったすぐあとでもギアを触らずに済むっていうのはほんとうに楽ですねぇ。

少し真っ直ぐな道があるとブオ~ンというエンジンの音をちょっぴり聞くことも出来ました。(嬉)

 

午後のゴルフクリニックにはテレビのゴルフ番組でお馴染みの方がアプローチのコーチとしていらしていて、今日一番にレッスンしていただきました。

やはり口慣れているというか、説明がお上手です。教わったことを忘れずに明日練習してきます。

その後のパットの練習では特にこれということはなく、他の3人の生徒に問題があったので私は放置された状態でした。(笑)

次のバンカー、これは私も大いに問題を抱えているわけで・・・

でも、ここでも嫌われてしまったようで本の数分のレッスンに終わりました。

日本人はリアクションが少ないので教え甲斐がないのでしょうか?(笑)

 

最後はロングアイアンからドライブ

ここのコーチはヨーロッパツアーで優勝したことのある有名な方、今日は朝一番にサインを貰っておいたのでもしもコーチしてもらえなくっても我慢と思っていたら案の定、4人のうち二人が彼、私ともう一人は別のコーチでした。でも、コーチとしては私の当たった方のほうが優れていたように思います。

優れた選手イコール優れたコーチとは限りませんよね。

この有名人は口数が少なく、こんな仕事は本当はやりたくなーい、という感じがでていました。(笑)

最後にはコンピューターでの診断もあって、7番アイアンで色々測定してもらったらヘッドスピードがたったの25.5m/sec?

以前ゴルフのお店でドライバーのヘッドスピードを計ってもらったら42~45ぐらいだったのに全体に遅くなったのか、アイアンだと遅くなるのか???

まぁ、余り考えるのはよそうと思います。(笑)遅くても確実なスイングを今はこなせるようにならなくては。

コーチに9~6番アイアンの飛距離がほぼ同じなんですと言ったらアウトサイドからヘッドが降りてくるからだと言われました。本当にそれだけなんでしょうか???

ま、問題点がはっきりしただけでも参加した甲斐があったというものです。

 

 

コーチレッスン

久々のコーチレッスンを受けてきました。

コーチのレッスンを受ける時というのは自分のスイングに疑問を持った時、うまく飛ばない時・・・
というのは普通でしょうが、
私はなんとか自分の納得できるスイングになった時に見てもらって、
「これでよし!」と言ってもらいたい気持ちがあるのでなかなかレッスンを受けないんですよね。(笑)

でも、そんな日は来そうもなく、昨日久々に見てもらいました。^^;

やっぱりコーチはコーチですねぇ。
昨日はコーチの態度にもいつもより好感が持てました。
と言うのは最初にじっくりと私のスイングを見てくれたこと。
いつもなら間違ったらいきなり修正されていましたが、
じっくり見てもらったあとということで、コーチの指摘が余計鮮明に頭に入った気がします。

で、その指摘とは・・・
私は動き過ぎなんですと。
年の割には体が柔らかいので結構左右に回るのですが、それが裏目に出て
バックスイングが大きくなりすぎ、インパクトでのタイミングにアドレスの位置に戻らない。
また、トップの位置が高くなりすぎるきらいがあって、
そうなると地面をすべらせるのじゃなくて叩いてしまう。

両腕が体から離れがちなんですね。
もっとコンパクトなスイングを心がけないといけません。
特にバックスイングで。
バックスイングがしっかりできればあとは勢いですもんね。

コーチに押されればしっかり周る肩も腰も自分ではサボって半分くらいしか回っていないし・・・

久々だったので昨日は30分だけ、50球のレッスンだったのに、いやぁ 疲れました。

その後友人達とラウンドしたらさっぱり飛ばなくて・・・・
いつもこうなんです、レッスンのあとは。
言われたことがまだこなれていない、身についていないのに
頭のなかではコーチの言ったことを試そうとしているから体と頭とが一致しないんです。(笑)

気のおけない友人達ばかりだったのでそれでも楽しく時を過ごし、
なんと帰宅した時にはあたりは真っ暗、家族がお腹をすかせて待っていました。(笑)