ボールは斬る?

最近悪天候が続いているのでラウンドするよりドライヴィングレンジで練習している方が多いのですが、そうするとふと気づくと言うか目覚める時があります。

最後のコーチとのレッスンで、ダウンスイングで右肩を押し出すのが早いというか
かぶるというかいわゆるアウトから入ってくる軌道で、
つまり右肩主導で肩を回している点を注意されてその修正に殆どの時間を費やしていたのですが、
最後のほうで肩を回すということを意識から除外してみろと言われてただ腕を下ろすことのみやってみるとうまくいったのでした。

それの反復練習をしていてはたと気づいたのはボールは打つとか払うとかではなくて斬るつもりで両手を振り下ろすとうまくいくということです。

きっとこれまでにも同じことを他の言葉や表現で沢山の方々が教えてくださっていたのでしょうが、やっと自分自信で見つけることが出来ました。

もちろんボディーターンをしっかりやらないととんでもない方向へ行きますが、タイミングが合うとボールは見事にまっすぐ飛んで行き、当たりも軽快で飛距離も少しアップしたみたいです。

ピッチングウエッジから7番アイアンくらいまでは確実に飛距離が伸びました。(と言ってもひところつまり2,3年前に比べるとまだ短いのですが)

しかも体の疲れもないんです。

無理な動きはなくただ上がっている両腕を下ろすだけなので・・・(笑)

体をしっかり回さなければならないので左の腰あたりへの負担は増えたかもしれませんが。。。

とにかく今はこれが面白くて、早く自分のものにしたくて今日も雨の中練習に行ってきました。

うちのドライヴィングレンジはしっかりした屋根が付いているので雨でも大丈夫。
75球のみでしたがそれなりに満足して帰ってきました。

それにしても今頃こんな悪天候が続くなんて。5月は一年のうちでも一番いい季節なのにがっかりです。明日も雨の予報。

ただ天気予報は昔も今も外れることが多いので外れることを期待しています。^^

これまでのコンペの記録ですが、3月に3回4月に4回5月は5日に一度だけ。

うち、一度だけいい成績でしたがあとはダメ。

早く今のスイングをものにしてもう少しハンデを下げたいですねぇ。

私はスコアの記録にEasyscorecardというアプリを使っているのですが、それによると今年の今までのアベレージは103打(練習ラウンドを含めて)。
バーディーが1回で0.15%、パーは5.41%、ボギーが32.58%
ダブルボギーが38.59%、トリプルボギーが23.27%となっています。

早くトリプルボギーを一桁にしたいです。
パットの平均はでていませんがおそらく36ぐらいでしょう。
パットが30くらいに収まればスコアが良くなるのになぁ。
しかもパットには体力もすごいスイングも必要なし。
ただただひたむきに練習するだけ。なのについ疎かになっているかも。

と、長い自問自答にお付き合いいただいてすみませんでした。

左肩に注目

どんなことでもそうでしょうが、ゴルフをしていると
ある日、ある時ひらめくことがあり、
そのきっかけはコーチの助言だったり、友人のアドバイスだったり、
ゴルフサイトに書かれていることだったり、
なんとなく自分でひらめいたり・・・

数日前、確かコンペの翌日でした。
どうにも体が動かなくて一日中家でPCの画面を追っていました。
もちろん中身はゴルフ関連です。(笑)
その時に吉本功プロのレッスンで、「右肩にチュウをしなさい」というのがあって、
そういう表現があったのかと半ば笑いながら見ていたのですが、
更に同じ日に坂田信弘プロのサイトも見ていて、
坂田プロが「顎を引け」と教えていらしたので、
あわせて翌日試してみたらなかなか良い感じでした。

ボールを見るよりも左肩から右肩へ意識の目を向けることで、
ヘッドアップが防げるみたいです。
また、左肩からダウンスイングの動きを始めることで
肩がよく回り、ボールが驚くほど真っ直ぐに飛んで行きました。

もちろんタイミングその他の要素がうまく絡み合わないといけないのですが、
結構いい結果が出ています。

ということで左肩に注目!! ^^

胸を張ること

今日は朝早くに出かけて一人でラウンドしてきました。

何故か一人だとうまくいくのです。

気が散らないからでしょうか?

他人に気を使わないからでしょうか?

総打数は104

パットの合計が31,これが嬉しい。

パットの数が少ないということは、アプローチが上手くいったということだから。

また随分久しぶりに3番ウッドを使ってみたら、面白いようにうまく飛んでくれました。

ヒットしたときは5番よりうんと手応えがあります。

昨夜あるビデオを見てアドレス時に胸を張るということを気をつけてみました。

これは前回コーチにも言われたこと。

背筋を伸ばすのと同じように、大切なことだと思える。

こうすると脇が閉まるし、胸と両腕とが一緒に動く気がします。

オーバースイングも防げる感じ。

今のところ少し飛距離が落ちることが多かったけれど、

センターに飛ぶ率が高く、結果スコアがまとまりました。(嬉)

ヘッドの重み

いまさらなんですが、昨日から、ヘッドの重みを感じながらスイングできるようになりました。
これが正しいのかどうかはわかりませんが、
これまで、ヘッドの重みはインパクト付近で感じるものだと思っていましたが、
そうではなくて、バックスイングの時にも感じるものだとわかったのです。

バックスイングを丁寧にしなければと思って、
オーバースイングになってはいけないと思って、
バックスイングの時には両腕で制御しすぎていたような気がします。

時々訳がわからなくなると左右にブンブンとクラブを振ってみるのですが、
その時の感覚で左手首の向きとクラブの高さに気をつけて
クラブが行ってしまうところまで行かせて
半ばその反動でダウンスイングに入るのです。

若干距離が短い気はしますが、ボールは結構上がって素直に飛んでいく気がします。

ここに、体の反転の速度などが加わればもっと飛距離も出るのではないでしょうか???
明日のコンペでも思い切ってこの手でやってみようと思っています。^^

楽しかった

今日は久々に楽しくプレーできました。

一人でゆっくり反芻しながらプレーしようと午前中に行ってきました。
9ホールまでそこそこの感じでプレーしたのですが、満足の行くものでなかったので練習場へ行こうかと思っていたら、10ホールの前で友人たちに出会い、誘われるままに3ホールをご一緒しました。

外科医のロベルトと
その友人で、8年ほど仕事の都合でゴルフから遠ざかっていたというオランダ人エンケと、
いつもよくご一緒する元市長のアントニーノというご年配。

ロベルトは仕事のせいか、人を元気づけるのがうまく彼と一緒にプレーすると元気がでます。
オランダ人のエンケはやはり久しぶりというい事でちょっと力んでいたみたいであまりボールが上がりませんでした。
でも、かなり出来る人だという印象です。
アントニーノはかなりご年配なのであまり飛距離は出ませんが今日はリラックスしていて良いプレーをしていました。
私も楽しい雰囲気のせいでしょうかこの3ホールはWボギー、ボギー、Wボギーと
このところどん底だったので今の私にしては嬉しい成績でした。
何よりも、馬鹿馬鹿しいヘマをしなかったことが嬉しいです。

ウッドがうまくいかないので2打からは全てハイブリッド。
ホールによってはこのハイブリッドでティーショットもこなしました。
飛距離が若干落ちてもまっすぐに飛びフェアウエイに残ってくれるので活用しています。

もう少し今のスイングをものにして、以前のような強気のプレーをしたいものです。(笑)