サビつき

イタリアのゴルフ場は冬だからといって閉鎖するところはあまり無いようです。
北イタリアでも、夜はグリーンに覆いをかけて保護して、プレーできるようにしているそうです。

でも、やはりまとまったメンテナンス時期ではあります。
わがFiuggiのゴルフ場もまる3週間のメンテ期間がやっと終わって昨日から再開しました。
昨年は2週間のお休みで、その間に何をしたかというとティーの目印のボールの色や、
グリーン上の旗竿の色を塗っただけという印象でした。(笑)

今年は1週間長い休みで、早速昨日戻ってみたら
昨年の大雪の被害でまだ折れた枝などが杉の大木の上の方に残ってたりしていたのをかなり綺麗に掃除したのと、
ドライビングレンジの大改造に着手していました。
マットから打つ、その前方に芝を敷き詰めてティーグラウンドのようにしたいようです。
これまでもそこで打っていましたが、いわゆる雑草が茂っていただけでした。
それが綺麗な芝になれば、練習が快適に出来るだけじゃなく、見た目もうんと綺麗になるでしょう。
ただし、管理が大変です。果たしてうまく管理できるのか?正直いって期待薄。(笑)

さて、自分の方はといえば、3週間のうちに一度だけFrosinoneという町の
打ちっぱなしに行っただけで、すっかり錆び付いてしまっていました。
いきなりH1から始めたのも行けなかったのですが、全くボールが飛ばない。
ひどい時には空振りをするというような有様で、池の周りの4ホールでは10こぐらいボールを無くしました。(笑)
ほかでも、ボールの着地地点をしっかりと見届けているにもかかわらず、見つからないというのがいくつか。

とにかくあまりの出来の悪さに唖然としてしまいました。
なんとかそれらしくなってきたのは16ホールから。
そこでピーターとアンジェリーノに追いつき、一緒にプレーを始めたら少し感が戻って来ました。
そこで、アンジェリーノが18ホールを終えていってしまった後も、
ピーターともう3ホールプレーしたのでした。
本当に錆びついた体から、少しサビが落ちというような感覚でした。

そして今日も、曇天の中を行ってきました。
着いたらコーチに出会ったので、すぐにレッスンをもう押しこみ、30分だけですが指導を受けて来ました。

やっとバックスイングはあまり問題がなくなってきたのですが、
今度はダウンスイングです。
どうもダウンを始めるときに右肩が下がるようです。
ゴルフでは前かがみになっているので普通に肩を回すという感覚が、
肩の上げ下げになってしまうようです。(私がそう思っているだけかも)

また、左膝を伸ばした時に伸び上がってしまうのですが、
あくまでも前傾姿勢を保ってという点をしつこく練習しました。

と、同時に右腕を素早く伸ばしきるということも。
今までは腕を伸ばすのではなく右肩を下げることによって右腕がボールに近づいていたのでした。
プロは切り返し時に腕や、コックの状態はそのままでストンと下に落ちる瞬間があるようですが、
それのみを練習していても何もならないようです。
それはまたもう少し上手くなってからの課題かな?

今はスイングプレーンを壊さないように、左にスエーしないように気をつけながら
両腕をインパクト時にすっかり伸ばして、ヘッドが地面と並行の瞬間をできるだけ長く保てるように。
こうして文字にするとどうもしっくりしませんが。(笑)
とにかくコーチの言うとおりに出来た時にはまっすぐに力強いボールが飛んで行きました。
14ホールは、今日はいつもより後ろにティ-が設けられていましたが
急な登り坂にもかかわらず、いつもより飛びました。

今日の動作をしっかり身につけることが出来れば諦めていた飛距離が少しは伸びるかも?えへへ・・・