実りある一日

今日はローマのArchi di Claudioという9ホールのみの小さなゴルフ場へ行ってきました。

今年からここでイタリアのゴルフ番組を担当しておられるPiero Sabellico というプロコーチがレッスンをしてくださるというので行ってきました。

実は彼はFiuggiの出身で今もFiuggiにお住まいなのです。

我がゴルフ場にも二人の素晴らしいコーチがおられるのですが、Piero Sabellico氏はやはりコーチの中でもベテランだし、若手の指導にずい分前から取り組んでおられてイタリアゴルフ協会の指導者でもおられるし、何より彼の説明の仕方=イタリア語がわかりやすいのです。(笑)

コーチというのは難しい仕事だと思います。

テクニックの面からはどなたもプロの試験に合格しておられるのだから一定のレベルをお持ちなのですが、自分の知っていることを人に伝えるということになるとまた別のタレントが必要になってくるのではないでしょうか?

野球でも名プレーヤーがみんな名監督やコーチになれないのと同じだと思います。

Piero Sabellico氏とは1年半前にBMWのイベントで初めてご一緒させていただいたのですが、その明確でわかりやすい指導によって私のアプローチが格段にレベルアップしたのでした。

でも、今まではかなり遠くのゴルフ場で教えておられたのでその後指導を受けることはなかったのですが、今年からローマの南側にあるArchi di Claudioでも週に一度教えることになったと聞いてすぐに申し込みました。

なんと1年半前にはサインをおねだりしたのですからちょっぴり恥ずかしいですね。^^;

今朝、我が家ではマイナス6度を記録してこの冬一番の冷え込みになりましたが、ローマはまったく別世界のようで、日がさすと暖かくてベストも脱いだくらいです。

予定の時間よりかなり長く指導していただいて、やはり私のスイングの基本の基本が間違っていたことが判明しました。(汗)

私はバックスイングで右にスエーしていて、インパクトやフォローで左に押し出すというか体重をしっかり左に移すことができていなかったのです。

体重移動ができていないことはわかってはいましたがそれをどのように改善していいのかわかりませんでした。

また、アドレス時にかなりハンドファーストになっていてこれもグリップを中ほどにするように指導されました。

最初にまずビデオを撮っていただき、それをコンピューターで分析して目の前で見せられると「なるほどぉ」と納得です。(笑)

で、自分の間違いをしっかりと認識して更に練習場で何球も打って見ましたが最高点は10のうちの6.5。あはは・・・

次回までに少なくとも1000級は打って今回の課題をクリアしてからまたということになりました。

レッスンのあとはそのゴルフ場で9ホールラウンドしましたが、1ホールで先の方が済むのを待っているといまティーショットを打ったばかりのお二人が「どうぞ。」と声をかけてくださって一緒に回りました。

幸運でした。でないと経路もよく知らないゴルフ場ですし、二人のうちお一人はかなりの腕前で、今しがたコーチに教わったことをまた念を押してくださったという感じで勉強になりました。

もうひとかたはまだゴルフ歴は浅いのですが、何やらコンペを主催なさってるとかでローマで一番有名なゴルフ場に誘っていただきました。

その後、ここのゴルフ場で17日の日曜日にお披露目があったばかりのピッチ&パットのコースに行ってみたらここでもベテランが声をかけてくださったので一緒に回ることができました。

都会のゴルファーはマナーもよくて実に楽しい1日を過ごすことができました。(満足)

しばしの別れ

まる5年間親しんだFiuggiゴルフ場を今日で一旦離れることにしました。

きっと驚かれたでしょうね?でもゴルフを辞めるわけじゃないんですよ。

年間契約を結ぶことを拒否して今年はジプシーのようにあちこちのゴルフ場へ出かけることにします。

もちろんそうなると経費の面からも今までのように毎日ゴルフとは行きませんが、少し大人になったと言いましょうか、日本の皆さんのスタンスに似てきたといったほうがいいかもしれませんね。

月一ゴルファーとまでは行かないかな、週一ゴルファーという感じになりそうです。

年会費を払わない分、シニアのコンペなどにも今までよりたくさん出場してみたいと思います。

普段の練習は、自分さえちゃんとしていれば家の庭でもできるのだし、何よりこのところとみに衰えてきた基礎体力作りに励もうかと思っています。

そして・・・

少しは庭の手入れもしないとね。^^;

決断の理由を皆様方に細々と説明してもどうしようもないと思います。

た だ、グランドのメンテナンスやクラブハウスの清掃やレストランの機能性のなさや不十分なサービスを提供しながら今年も年会費の値上げをしたゴルフ場など、 ここ数年我慢してきたことに何の向上の兆しも見えないこと、そして皆で団結して抗議しようと話し合っていたのに各自がそれぞれ自分の身だけを守ることを考 えている状況を見て冷めてしまいました。

一人でどこまで出来るかわかりませんが浪人になったつもりで日々の練習に励もうとこの瞬間は思っています。

とりあえずイタリアゴルフ協会への登録は継続するのでこれまでのハンデを失うこともなければ世界中どこのコンペにも参加できる資格は保有しています。

打ち初

打ち納めがあるなら打ち初もありですよね?(笑)

昨日の元旦はゴルフ場がしまっていたので今日2日、皆が待ってましたと集まりました。

ちょっとロマンチックな池の周囲のホール。

IMG_20160102_134348 IMG_20160102_135518

あいにくの雨模様でしたが殆どの方が傘をささずにプレーしていました。
レインジャケットと消防士さんの帽子(首側のつばが前よりも広くなっている)スタイルで。

2ヶ月ほどまったく雨の降らない暖かい冬とは思えない天候が続きましたがどうやら1月は雨が多いようです。最もこれ以上好天気が続いたら冬だというのに地面にひび割れが始まっていたし、日陰は地面がカチンコチンに凍ってしまっていましたから必要な雨なのです。

運良く仲の良い人たちとラウンド出来てしかもビールのかけ試合に勝つことができて順調な滑り出しです。^^