circomassimo-1-b

古代ローマ

古代ローマというのはとても曖昧な言い方かもしれません。
ローマ全体がアンティックなのですから。

でも一般的に古代ローマという時には共和制から帝政時代にかけてのいわゆるローマがローマであった時代の面影をたどるコースです。

地理的にローマの中心となっているヴェネツィア広場、ここにはヴィットリオ・エマヌエル2世の記念碑(ニックネームはウエディングケーキ)があります。そこからコロッセオ方面にカートを走らせコンスタンティヌス帝の凱旋門、さらにアヴェンティーノの丘からチルコ・マッシモ、そしてかつての皇帝たちの住居の廃墟があるパラティーノの丘などを望みます。

そこからぐるっと引き返すようにして真実の口、ヤヌスの門、マルチェロ劇場、ティベリナ島、更にはアルジェンティーナの遺跡に足を伸ばすことも可能です。

 

もしくはチルコ・マッシモからアッピア旧街道の方へ城門を出ていくというプランもあります。

どちらにしても皆様のお好みで、どこにどれくらいの時間をかけるかというのはケースバイケース。とにかくローマには見どころがぎっしりと詰まっているのです。

前出のヴィットリオ・エマヌエル2世の記念碑にはエレベーターがあり、屋上に出ることが可能です。
そこからは360度ローマの街を一望のもとに見渡すことができます。

 

trasparenteその他の半日コースへ

ゴルフカートツアープランのトップへ