BMW Cup

少し前にレディースで2位になったと報告「一日天下」しましたが、
その時に首位になった方が、ファイナル戦への出場を断ったために、私にお鉢が回ってきました。

イタリアでの国内決勝戦がシチリアのアグリジェント県、シャッカという町のベルドゥーラというゴルフ場で開催されたので行ってきました。
もちろん私も辞退できたのですが、こんな事でもなければシチリアまで行くチャンスもないだろうし、約3年ぶりに少し家をあけるのもまんざらではないと思い参加してきました。

このゴルフ場はSpaもある5つ星のリゾートホテル内にあって、18ホールのコースが2つもあり、すぐそばは海辺で幾つかのホールは海に面していて強風に悩まされました。

天候にもよるかと思いますが、あいにく我々の行った日は前日の夜に雷雨、当日も雨時々曇りという予報で、だいたい予報通りの天候でした。(笑)

何とかずぶ濡れにはなりませんでしたが、おいてあるゴルフのキャディーバッグが風で倒れるほどの強風でした。
それでなくてもスライス気味の私のボールがひろ~いフェアウエイを超えて右側の深いラフに落ちた時には言葉もありませんでした。
あてもなくボールを探しましたが40cm以上もあるしっかりした草むらで見つかるはずもなく
同伴者たちが探してくれたのにも見つからなかったので第2球を打ったらまた同じ所に落ちました。(笑)
そこからの脱出は不可能に近く私の腕ではついにラフからでませんでした。

ところがそのあと数歩歩いたところで、私の初球がいい状態のところに転がっていたのです。
誰しもあの深いラフからそこまでボールがバウンドしたとは思えずに後ろの方ばかりを探していたのでした。

そのショックがそのあとの数ホールをダメにしたのは言うまでもありません。
もちろんセオリーとしてはうまく行かなかったホールのことは直ぐに忘れて次のホールに向かうべきべきなのですが、同伴者たちがそれぞれ見つけられなくてすまなかったと誤ってくれるような状態で私もかなりのショックを受けたのでした。
あれがなかったらもう少しいい成績だったのではないかと思うのはうぬぼれでしょうか?

ま、はなっから優勝などは頭になかったのでその後もなくべく平静を装い最後まで頑張りました。
その証拠に17ホールでチップインをしてパーをとったのですよ!
結果はスターベルフォードで26点。33人中23位に収まりました。
最下位を覚悟していたので私にとっては嬉しい結果です。

また、男性の55歳以上、女性の50歳以上はシニアのカテゴリーにも入るのでそちらでは29人中19位でした。
この日の参加者総数が120人。
ここへ来るまでのBMWの総参加者数はなんと!7000人にも登るそうです。
表彰式の時に表彰されなかった我々を慰めるかのように、7000人の中で勝ち残った120人なのだからと言うコメントがありました。

この日に優勝した3人は来春南アフリカで開催される世界選手権に参加するのです。
もしも優勝してもそんな遠くまでワン・ニャンをほったらかしにしては出かけられないわと思っていた私でした。(笑)

私と同じゴルフ場から参加したあとの二人の男性の成績は第1カテゴリーの方は残念ながら最下位から2番目、
第2カテゴリーの方はまだ初心者なのに結構いい成績で確か19位でした。
ゴルフの成績はほんとうにわからないものです。^^

シチリアで、半袖でゴルフを楽しみ、帰った翌日にいつものゴルフ場へ行ってみたら
周囲の山には雪がつもり、ゴルフ場には山おろしが吹き荒れ、ダウンを着ていても寒い状態でした。
今日火曜日は休みでしたが、明日にはしっかり冬支度をして行かなければなりません。

31.3

また新記録なので報告させてくださいね。
今日のコンペはうちのゴルフ場とナポリの米軍基地内にあるゴルフ場との共同コンペでした。
共同というか、今日はうちがナポリの方々をお迎えし、
1ヶ月ほど先にはうちからナポリへおじゃましてプレーするというものです。
というのも、うちのコーチ二人がこのナポリのゴルフ場でも週に1回教えているので
こういう企画が生まれたとのことです。

知らない方々との競技は友だちが増えていいものです。
でも・・・
今日はお一人の方が(そのかたが一番ハンデが低いのに)
各ホールでスコアのごまかしがあって精神的に疲れました。
私が彼女のマーカーではなかったので直接関係ないのですが、
マーカーにあたった友人が困っているのを見るだけで疲れました。

7番ホールなど、友人と私の二人が間違いを指摘しても
逆に誤らせるような勢いで、友人にはもう放っておくように言いました。

精神的には疲れましたが、スコアの方は思いがけなく35点も稼いで、
更にハンデが 1 下がり、これまでの新記録31.3になりました。
危ないなぁ、これ以上下がると一番簡単なホールから追加点がなくなってしまいます。

嬉しいようなそうでないような複雑な気持ちです。(笑)

ミニキャディバッグ

新しいゴルフバッグを買いました。
スリムなショルダータイプです。

まずは旅行用に、そして我がゴルフ場は起伏が激しいので以前からコーチもショルダーが一番楽なんだよと言っていたし、
(最近そのコーチがカートを使っているけれど・(笑)
一度試したいと思っていたので思い切って買いました。

本体だけの重量は2,3キロ。
そこに今はドライブ、3番ウッド、4番ハイブリッド、6番アイアン、8番アイアン、ピッチングウエッジ、サンドウエッジ、パターの8本を入れました。3番ウッドを外してもいいかなと思っていますがまずは明日試してから決めようと思います。
なるべく軽くしておきたいですが、やはりプレーも大切ですから。
傘も、ゴルフ用ではなく普通の女性用の華奢なのを入れました。^^

真夏は水だけで2キロにもなってしまうのできっと無理でしょうが、これからの季節はそれもないし、でも寒くなると雨具や上着が必要になるかなぁ・・・
試してみてからでないとなんともいえませんが、ちょっと気分転換です。^^

32.1

昨日のコンペで少し成績が良かったのでハンデが1.5下がりました。
今まで一番良かったのが33でしたが、32.1になりました。
上がるときには0.2ずつ上がるのですが、下がるときにはその時の成績のよって0.5だったり、一気に5ポイントも下がった方もいます。

まだこのハンデだとうちのゴルフ場は難易度が高いのでおまけのポイントをくれますから36のハンデでプレーできますが、これ以上下がると一番簡単なホールからポイントがなくなっていくので良い成績を収めるのが難しくなっていきます。

それにしてもこのハンデキャップというシステムは誰が考えだしたのか知りませんが良くできていると思います。
初心者にも年配者にも勝利のチャンスが与えられるというのはゴルフのような難しいスポーツに取り組む者にとってはほんとうに有難いことです。
でないと続ける意志がくじけるのではないかと思います。
私なぞは古い日本人だから「石の上にも三年」などという言葉を知っているしその覚悟もありますが、?(笑)
イタリア人や今時の若い方には何年も経たないと楽しめないスポーツなんて嫌われるんじゃないでしょうか。

ま、ハンデなど関係なくマイペースで楽しんでいる方々もおいでですけれど。
やっぱり少しずつでも上達していきたいですよね。

昨日の話に戻りますが、
なんとOUTでパーを3つもとり23ポイントも稼いだので、
もしかしたら優勝か?という思いがほんの一瞬頭をよぎりましたが、
何のことはないINでは3つのXを出して11ポイントしか取れず第三カテゴリーの男女総合で6位に終わりました。
もしも前半と同じような出来具合だったらそれこそハンデが5ポイントぐらい下がっていたことでしょう。
だからこれでよかったと思っています。(笑)

それにしても私の一番改善しなければならないところはパットです。
パットそのものはまた古いのを出して使っています。
2ボールはおしりが長いので時々地面にあたってしまうのです。
もちろん多くの方々が使っている人気の種なので私の使い方が悪いのでしょうがこういうものにも相性があるのですよね。
古いのはスタンダードなスタイルでかさばらないところが好きです。(笑)

うちのゴルフ場のグリーンはとても遅いので他のゴルフ場に行くとその速さに戸惑いどうかするとグリーンの反対側まで行ってしまいます。
だからもっと繊細なパットができるように練習しなければ・・・
でも、正直言ってパットの練習は退屈で疲れます。
ロングパットが決まった時にはドライブをドカーンと飛ばしたよりも嬉しいものですが、
少しかがみ加減で長い間練習していると腰も痛くなるし、
慎重なことばかりやっていると精神的にもまいります。
でも、そこが我慢のしどころなのでしょうね~。